クリエイティブなイノベーションを!富士フィルムの再現度をご覧あれ

前回富士フイルムビジネスイノベーションジャパンのショールーム訪問記事で、掲載しきれなかった複合機をご紹介致します。今回の記事でご紹介する複合機も新ブランド「Apeos」です。紹介機種は、Apeos CシリーズのApeos C7070と、ApeosProシリーズのApeosPro C810です。新しい生活様式に合ったApeos Cシリーズをご紹介してきましたが、オプションをつけてさらにクリエイティブ力が上がった複合機や、富士ゼロックス時代から変わらない従来機種の高い印刷品質、色味の再現度をお伝え致します。

<目次>
Apeos C7070
ApeosPro C810

Apeos C7070

前回ご紹介したApeos C2570と変わらず高性能なところもポイントです。オプションのフィニッシャーを搭載すると富士フイルムの特長である高画質と合わさり、満足度の高い冊子や折チラシが作れます。

オプション内容としては、

・ステープル…複数ページをまとめるホチキス留め
・パンチ…バインダー用の穴あけ処理
・中綴じ…カタログや小冊子の制作に便利な二つ折りとホチキス留め
・Z折り…A3原稿をA4サイズにまとめるZ折り
・三つ折り…ダイレクトメールなどの封入に便利な三つ折り

この様に様々な用途に応じたフィニッシャーがあります。ショールーム訪問では中綴じと三つ折りを実演して頂きました。中綴じは、操作パネルから中綴じ「折り・ホチキス」を選択し、製本で「左とじ/上とじ」などを選択します。操作パネルはApeos C2570をご紹介した時と同じく、黒字に余白の余裕のあるアイコンで見やすく操作しやすいと感じました。設定に合わせて、コピーをとって面付けで製本させる操作をします。複数部数を印刷指示した場合、中綴じ製本が1部ずつ順番に出てきます。排紙トレイは90度下に曲げることが可能で、大量に出力する際には、排紙トレイの下に入れ物を設置しているとスムーズに回収できるようになっております。出力された用紙は面つけがしっかりとされており、ホチキス留めで綺麗に仕上がっておりました。

三つ折りは、設定で「紙折り」から選べます。ただの三つ折りだけではなく、「二つ折り」「内三つ折り」「外三つ折り」「Z折り」と折り方を多数選べます。今回の実演では手紙の様な内三つ折りで出力しました。内三つ折りを選択した後、内側に印字するのか、外側に印字するのか、印字面を選べます。動画にあるように、コピー機は正確なため、A3の間違った設定になっていても気づいて呼びかけてくれます。今回は両面印刷の内三つ折りで印刷して頂きました。大量にDMを送る場合や、封筒に入れて送る資料の場合とても役に立つ機能です。

 

ApeosPro C810

こちらのApeosPro C810はプロダクションプリンターになります。

トナーと水色の取手部分

富士ゼロックス時代のプロダクションプリンターから一新し、白を基調としたシンプルでスッキリしたデザインとなっております。やはりプロダクションプリンターは給紙から排紙まで長く、大きさに迫力がありました。「ApeosPro C810」は業界初の2400×2400dpiの高解像度出力が可能なLEDプリントヘッドで、クリエイティブのプロに求められる高画質を実現しています。実際に機構の中も見せて頂きました。業界最小クラス粒径のSuper EA Ecoトナーを採用しております。細い線や小さな文字もくっきり、写真やイラストも滑らかに再現することが可能です。機構内部は、水色の取っ手に手順番号が記されており、操作ガイダンスに沿って分かりやすく開閉できるようになっておりました。駆動機構(※1)がないため、露光部が揺れず高画質で印刷できる機能をさらに進化させております。
※1…回転を伝達し、速度を変えて別の回転の手伝いをさせる機構のこと

排紙口は長尺にも対応しています。

排紙部分は長尺にも対応できるよう長めになっておりました。用紙のサイズはハガキサイズから330×1300mm(片面印刷)まで対応が可能です。また、中綴じフィニッシャーで冊子作成時には天地断裁と小口断裁のオプションを組み合わせることで、三方断裁、角背仕上げなどの加工も可能です。こちらもApeos C7070の排紙部分と同じく、90度下に曲げることが可能で、連続した出力にも対応できる様に工夫されています。

今回はさらに上位機種で実際に印刷したサンプルもたくさん見せて頂きました。どれも精巧な色味で表現され、様々な種類の販促物が展示してありました。幅広い用紙サイズ・紙の厚さ・種類に対応しているため、チラシや名刺、ポスターなどは手軽に制作が可能です。
このご時世にあると安心なマスクカバーや、イベント用の販促物、クリアファイル、更には掛け軸なども制作できるようです!また、マーケティングに効果抜群のバリアブルプリントが可能です。(バリアブルプリントについての詳細はこちらからどうぞ!)一枚一枚お客様に合わせてメッセージや画像を変更するという様な、訴求力の高い販促物を自社内で作成できます。

ApeosPro C810はプロダクション機ですが、Apeosシリーズの一種であるため、UIデザイン、スマートフォンで行える印刷機能など、操作感覚は共通しております。Apeosユーザーであれば分かりやすく、使いやすいですね。

社名と同時に発表された新生「Apeos」。筐体のデザインも一新し、オフィスにより馴染むデザインになりました。紙に印刷する出力機ながらペーパーレス化への推進を加速させ、複合機に求められている機能が日々高くなっていることがわかります。富士フイルムビジネスイノベーションという新社名が示す、ビジネスに革新をもたらす新しい働き方をますます見ていきたいですね。
富士フイルムビジネスイノベーションジャパン株式会社様、ありがとうございました!

富士フイルム複合機 商品一覧はこちら

富士ゼロックス 富士フィルムビジネスイノベーションApeosPortⅦ-C2273 シャープMX-2661 IR-ADVANCE-C3520F-II

関連記事

  1. SHARP

    SHARP複合機”MX-2661”シリーズのシンプルモードを徹底解説!

  2. 新生「Apeos」多様性の時代に活躍する最先端複合機をご紹介!

  3. MICROLINE VINCIでできる豊富なプロダクト

  4. シャープショールーム

    しゃべる複合機!操作方法を優しく手ほどきしてくれる音声アシストが凄い

  5. image PRESS C10010VP

    圧倒的高スペック・専門性のPOD!内製化でコスト軽減に?

  6. OKIショールームで聞いた『MICROLINE VINCI』

    コピー機/複合機/プリンターのリース購入

    【クイックお問い合わせ】


    1. postscript

      PDFとの関わりが密!PostScriptの歴史

      2021.04.06

    2. 情報

      公正な視点で、正確な情報を

      2020.10.07

    3. リファービッシュ

      半導体不足で品薄中の複合機。リファビッシュ機なら直ぐにお得にお…

      2021.07.07

    4. MICROLINE VINCIでできる豊富なプロダクト

      2020.07.30

    5. お金

      複合機の値段の相場とは?リース価格について徹底解説!

      2020.12.08

    1. 複合機・プリンター選びのコンシェルジュ、事務機器ねっとのトリセツ

      2021.04.16

    2. 社名の由来

      そういう意味があったなんて!驚きの複合機メーカー各社の社名の由…

      2020.12.01

    3. ファクシミリ

      FAXの手間を大改革! 複合機を専有せずに大量送信する賢い方法

      2021.04.23

    4. jameswatt

      最古のコピー機はいつ、誰が、どうやって?コピー機の歴史ざくっり…

      2021.01.20

    5. Windows_11

      Windows11 複合機メーカー6社のプリンタードライバー対応状況

      2021.10.12

      【クイックお問い合わせ】







      プリンター・複合機リース等に関するご相談や見積依頼は無料。他店より1円でも高い場合はご相談下さい!
      とにかく問い合わせしてみる