コピー機・複合機・プリンターの選び方

複合機メーカーごとの特徴

メーカーごとの特徴

コピー機・複合機・プリンターは、一見どれも同じように見えたり感じられるかもしれませが、実はメーカー毎に大きく特徴が異なります。事務機器ねっとで取り扱う、シャープ、富士フイルム、キヤノン、エプソン、沖データ、京セラのメーカー各社の特徴をご紹介します。

 

xerox fujifilm 富士ゼロックス 富士フイルムビジネスイノベーション【富士フィルムビジネスイノベーション】オフィス機としては初めてディスプレイを搭載し、現在はフリックやドラッグ、タップなど直感的な操作も可能で容易に操作できます。大量の原稿もストレスなくスピーディーに印刷可能です。業界最小クラスのトナー粒子で高解像度の出力ができ、昔から「印刷画質は富士ゼロックス(XEROX)」と呼ばれるほど高い評価を受けており、海外ではコピー機の代名詞的存在です。写真や設計図などの画質が求められるデータを印刷する企業に向いています。
※富士ゼロックス株式会社は2021年4月1日付けで「富士フイルムビジネスイノベーション株式会社」へ社名を変更しました。本カタログ/サイトは富士ゼロックスブランドの商品を含みます。富士ゼロックスブランドの商品は、米国ゼロックス社からライセンスを受けている商品です。商品提供者は富士フイルムビジネスイノベーション株式会社です。This catalog or website includes Fuji Xerox product(s). licensed from Xerox Corporation. The distributor of the product(s) is FUJIFILM Business Innovation Corp.

キヤノン【キヤノン】少し前は立ち上がりの遅さに不満の声が多かったことで、印刷されるまでの待ち時間を「ストレスである」と考え、印刷速度だけでなく節電モードからの復帰までの待ち時間も大幅に短縮されており、電力の節約もできます。また、本体とトナー両方の改良が行われ、その相乗効果によって一度に大量に出力しても、高画質で安定した印刷を可能にしています。カメラメーカーならではの色の再現度との声があります。省スペース設計も手伝ってSOHO・個人事務所など小さめオフィスの企業に向いています。

 

エプソン【エプソン】家庭用プリンターとしてよく耳にするエプソンですが、独自路線のインクジェットプリンターをビジネスモデルとしても提供しています。平均的に起動時間が短く印刷スピードが速いため、急に資料が必要になった場合でも、スムーズに対応することができます。インクジェット最大の魅力のカラー原稿の品質の高さと消費電力が少なくコストダウンにつながる所が魅力です。クオリティが高く速い印刷が必要なオフィスや、学校、小売店、配送納品の多い事業所に向いています。

 

沖データ【沖データ】印刷業など専門性の高いハイエンド向けのレーザープリンター「MICROLINE(マイクロライン)」、オフィス向けの一般的なレーザープリンター「COREFIDO(コアフィード)」という2種類のブランドでプリンターを展開しています。ATMも製造しているメーカーなので、紙詰まりが起きにくい構造をしており、仮に詰まった時も修理を待つことなく、自分で詰まった用紙を簡単に取り除ける特異な強みを持っています。また、独自のLED技術を使用した印字ヘッドを用いており、細かい線の表現に優れ2ptの小さな文字で印刷しても文字が潰れません。本体価格が安く初期費用を抑えて複合機を購入したい企業や、オフィス規模が小さい企業、細かな文字や数字を印字する会計事務所や弁護士事務所などに向いています。

 

シャープ【シャープ】大手コンビニチェーン店にもシャープ製複合機が採用されているというほどに信頼度が高く、耐久性にもすぐれており、オフィスに馴染みやすいスッキリとしたデザインです。大きなタッチパネルが搭載されており、スマホの様に扱える操作のしやすさも特徴です。コストパフォーマンスも高く、多くの人が使うので簡単で分かりやすい操作の機種・メーカーを選びたい企業に向いています。

 

京セラ【京セラ】世界一耐久性が高いドラムを開発・搭載し、耐久性に優れた複合機となっています。高耐久ドラムのおかげで部品交換の頻度を下げられるため、安く提供できています。メーカー保守の拠点の少なさもあることから一部の機種で「コンビ保守システム」が導入されており、可能なメンテナンスはユーザー側が実施することで、安い保守メンテナンス費用(=カウンター料金)の提供を実現しています。タッチパネルの操作性やトナー交換などの使いやすさ、印刷の立ち上がりの速さは一定の評価がありますが、古いモデルだと故障や印刷の汚れ、紙詰まりなどが頻繁に起きてしまうという声もあります。京セラの複合機は保守体制の充実よりも、安さを重視する会社に向いています。

コピー機・複合機・プリンターの選び方

複合機・プリンターの違いと家庭用・業務用の違い

複合機・プリンターと家庭用・業務用の違い

業務用コピー機・複合機の導入方法

業務用コピー機・複合機の導入方法

保守契約とカウンター料金

保守契約とカウンター料金

ランニングコストを削減するには

ランニングコストを削減するには

コピー機・複合機の導入までの流れ

コピー機・複合機の導入までの流れ

メーカーごとの特徴

メーカーごとの特徴

豆知識(機種選びや運用時のお役立ち情報)

豆知識(機種選びや運用時のお役立ち情報)

よくあるご質問(FAQ)

よくあるご質問(FAQ)

用語辞典

用語辞書

お問い合わせフリーコール

  1. 複合機マジック!?模様が消えて文字が浮かび上がる地紋コピーの種あ…

    2021.05.19

  2. M1Mac

    M1Mac&macOS BigSur 複合機メーカー6社のプリンタードライバー対…

    2021.06.10

  3. 情報

    公正な視点で、正確な情報を

    2020.10.07

  4. MICROLINE VINCIでできる豊富なプロダクト

    2020.07.30

  5. MFPコンシェルジェ

    商品が多すぎて選べない…そんなお悩み解決します!

    2021.02.09

  1. インク2

    モノクロ印刷なのにカラーインクが減るのはなぜ?

    2020.10.21

  2. 複合機・プリンター選びのコンシェルジュ、事務機器ねっとのトリセツ

    2021.04.16

  3. jameswatt

    最古のコピー機はいつ、誰が、どうやって?コピー機の歴史ざくっり…

    2021.01.20

  4. documentcloud

    各メーカーの最新機能、ドキュメントクラウドを比較紹介!

    2021.02.08

  5. コンビニ マルチコピー機

    コンビニのマルチコピー機の実力とは…想像を超える機能が充実…

    2020.12.17

プリンター・複合機リース等に関するご相談や見積依頼は無料。他店より1円でも高い場合はご相談下さい!
とにかく問い合わせしてみる