やさしい操作性と
素早いジョブにより、
使いたい時にすぐ使える
Apeosシリーズ誕生

富士フイルムビジネスイノベーションの新ブランド「Apeos」は、デザインが一新、先進機能を誰もが使いやすく迷わない直感的な操作性で搭載しています。オフィスの中央に設置され、多機能で高画質印刷を行うA3カラーコピー機が担うポジションである、センターマシン。このApeosはセンターマシンとしてモバイル端末やクラウドと連携して、ユーザーにスマートな情報提供が可能です。強固なセキュリティと安心のサポートにより、オフィス、外出先、リモートワークでも快適にコピー機の機能を活用できるのです。

シンプルなデザインに一新、
見やすく操作に迷わないパネル

常に使う動作をピンで留めておくことができる。
※UI…「ユーザーインターフェース(User Interface)」の略。 インターフェイスとは「接点、接触面」という意味で、UIはユーザーと製品・サービスの接触面を指します。そのため、「ユーザーの目に触れる部分使用する部分」はすべてUIとみなすことができます。コピー機の場合操作パネルなど。

操作パネルはUI(※)デザインが一新され、黒とグレーを基調にしたデザインとなっています。旧シリーズのApeosPortはアイコンはカラフルで大きく表示されておりました。しかし新しいApeosはアイコンがより簡略化され、設定項目も余裕持って配置されているため、見やすく分かりやすく、誤操作を防いでくれます。色も緑や青、紫に統一されており、スタイリッシュさを感じました。
富士フイルムビジネスイノベーションでは同社専属のインハウスデザイナーが、UIやコピー機の外観のデザインを担当しています。シンプルの中に品を感じるデザインです。ホーム画面のカスタマイズも可能で、各機能の操作ステップが統一されているため、ややこしい操作を覚える必要がありません。また、前回と同じ操作を履歴から呼び戻すクイック機能があり、よく使う操作(A4モノクロコピーやスキャンなど)は「いつものジョブ」としてピン留め登録が可能です。

左が新しくデザインされたApeosの操作座面(右が旧Apeos)
手差しトレイでのスキャンサイズ幅が
50mmも小さく進化

名刺や領収書などの最小幅サイズ49×長さ85mmに対応。
名刺やカードを大量にスキャンしたい場合、スキャン台にいちいち並べるなんて面倒ですよね、そのような時に役立つ機能がこちら! 非定形サイズや小サイズの原稿を、最も近い定形サイズに自動的に収めてスキャンが可能です。
A4やB5といった日常的に使用するサイズの用紙だけではなく、自動両面原稿送り装置に領収書や伝票などの小さい原稿をセットすれば、まとめてスキャンが可能です。ApeosPortの25枚機はこのような小さいサイズの連続スキャン機能はありませんでしたが、このApeos Cシリーズからは搭載! 旧シリーズのApeosPortでは手差しトレイで89×98mmが最小サイズでしたが、新Apeosは名刺や領収書などの最小幅サイズ49×長さ85mmに対応しており、小さいサイズの用紙も高速スキャンが可能になりました。
そして、重送検知も搭載しています。重送とは、用紙が重なってコピー機に送られてしまうことです。なかなか起こりにくい重送ですが、一枚の用紙に複数の領収書を貼り付けているような、かさばる原稿をスキャンしようとした場合に、機械が検知して停止します。その際、『重送ですか?』『貼り付けですか?』とコピー機が聞いてくれるため、原稿の重送を防いでくれます。ちなみに貼り付けを選択した場合は、そのままスキャンが実行されます。
また、高速スキャン機能の紙詰まりにも最適な改良がされています。旧シリーズのApeosPortはスキャン機構の開閉箇所が少なく、紙詰まりの際に紙を取り出しづらいということがありました。Apeos Cシリーズのそれは開閉箇所が多くなり、紙を取り出しやすい設計となっています。
新機能ペーパーレスFAXで
リモートワークも簡単スムーズ

旧シリーズにはない機能が搭載! Apeosの機能にあるペーパーレスファクスボタンで簡単に活用が可能です。ファクス受信文書を親展ボックスに蓄積し、パソコンへの転送や、メール送信によるペーパーレス受信もできます。パソコンのファクス受信ボックスに蓄積させることにより、受信した文書をすぐに出力せず、必要なものだけプリントできるため、無駄な出力を抑え環境に配慮したファクスが行えます。また、在宅勤務にも便利なDocuWorksというソフトウェアや、Working Folderというクラウドサービスを利用すると、パソコンでファクスの送受信状況が確認できます。例えば、出先にいるのにわざわざファクスのために帰社しなければならないなんて、面倒に感じますよね。
受信した文書を必要なものだけプリントが可能。
このクラウドサービスは、登録しているメールアドレス先にファクス受信の通知メールが送られるため、外出中や在宅勤務でもスムーズに確認することが可能なのです。
訴求力のある販売品制作に、
さまざまな素材を1枚から

クリアーホルダー、長尺POP、垂れ幕、ポケットティッシュBOX、フラットファイルなどの販促物を社内で作成することができるよう、さまざまな素材(用紙)に対応しています。また、Apeosシリーズの「ApeosPro C810」は業界初の2400×2400dpiの高解像度出力が可能なLEDプリントヘッドで、クリエイティブのプロに求められる高画質を実現しています。業界最小クラス粒径のSuper EA Ecoトナー採用のため、細い線や小さな文字もくっきり、写真やイラストも滑らかに再現することが可能です。

業界最小クラス粒径のSuper EA Ecoトナー採用のため、細い線や小さな文字もくっきり、写真やイラストも滑らかに再現することが可能
スピーディな立ち上がりはそのまま、
一瞬でスキャンが終了します。

立ち上がり、出力共にスピーディ。使用したい時にすぐ使えます。
ウォームアップタイムは24秒以下で、高速起動モード時は最短6秒で操作パネルが利用可能になります。ファーストコピータイムは3.3秒(※)と驚きの速さ。また、最大270ページ/分の高速読み取りでコピーやスキャンができてしまいます。大量の原稿も素早く読み取れるため、後工程の仕事を滞りなく行うことが可能です。1パス両面読み取り機能が搭載されているため、原稿を傷つけません。

※A4ヨコ/モノクロ優先モード時、Apeos C7070/C6570の場合。

セキュリティは変わらず強固に、
大切な情報をしっかりとガード

ユーザーの識別により、不正利用からデータを完全に守ります。本体認証やICカード人認証、利用者別の機能制限などのセキュリティにより不正なアクセスが防止できます。SSL/TLSやIPsecによる通信経路の暗号化やスキャンファイルの暗号化、SMBv3/SFTPによるスキャン送信時の暗号化により、コピー機とパソコンやファイルサーバー間の通信データを盗聴や改ざんから保護します。外部から守るセキュリティだけではなく、スキャン文書の配信先を固定したり、「禁複写」やユーザーIDなどを強制印字し、文書の取り扱いを注意喚起するアノテーションがあります。このように管理者やユーザーのうっかりとしたミスによる情報漏洩を抑止します。

Apeosシリーズの新機種、
ApeosWideの魅力

ApeosWideはエンジニアリング分野で活躍するために開発された広幅コピー機です。建築事務所や設計士の方など、専門分野に従事する方にとってはありがたい機能が盛りだくさん。A0やA1などの大判用紙に描かれた設計図をスキャンすることが可能です。このApeosWideを使用すれば、設計図がぐしゃぐしゃにならず、手書きで書き込んだ情報も原本として綺麗にデータ保存しておくことができます。
Apeos wide

専門性の高いエンジニア業務で活躍

マルチジョブソートで設計図などを印刷した際に配布先ごとへの枚数だけでなく、印鑑付きや用紙サイズの統一を設定に応じて変更して出力することができます。配布先件数は20件で、99部まで可能です。多くの作業者様に配る際にも簡単に配布できますね。こちらの機能はApeosWide 6050が対応しています。

ソフトウェアとの連携で一元管理

ArcSuite 4.0は、図面情報と付帯文書(部品表や設計仕様書など)を一括して管理できるソフトウェアArcSuite 4.0は、情報が必要なメンバーがネットワーク上で共同作業できる機能やワークフロー機能などを搭載し、日頃の業務で蓄積された情報を共有できる環境を広幅コピー機で実現できます。その他にも、10.1型の操作パネルにはApeosシリーズ発売の際に、リニューアルされたデザインと同じく分かりやすい配置で、大きなボタンやシンプルなユーザーインターフェイスが魅力です。

外観 Apeos 新機種 Apeoswide Apeos 複合機
機種名 Apeos C7070 / C6570 / C5570 / C4570 / C3570 / C3070 / C2570 ApeosWide 3030 EP (Model-2R)
ApeosWide 3030 MF (Model-2R)
ApeosWide 3030 MF (Model-2R2T)
ApeosWide 6050 MF (Model-2R)
ApeosWide 6050 MF (Model-2R2T)
ApeosWide 6050 MF (Model-4R)
ApeosPro C810 / C750 / C650
本体価格 Apeos C7070
定価4,190,000円(税込4,609,000円)
Apeos C6570
定価3,950,000円(税込4,345,000円)
Apeos C5570
定価2,930,000円(税込3,223,000円)
Apeos C4570
定価2,580,000円(税込2,838,000円)
Apeos C3570
定価2,230,000円(税込2,453,000円)
Apeos C3070
定価1,980,000円(税込2,178,000円)
Apeos C2570
定価1,900,000円(税込2,090,000円)
ApeosWide 3030 EP (Model-2R)
定価2,140,000円(税込2,354,000円)
ApeosWide 3030 MF (Model-2R)
定価2,380,000円(税込2,618,000円)
ApeosWide 3030 MF (Model-2R2T)
定価2,620,000円(税込2,882,000円)
ApeosWide 6050 EP (Model-4R)
定価3,600,000円(税込3,960,000円)
ApeosWide 6050 MF (Model-2R2T)
定価4,900,000円(税込5,390,000円)
ApeosWide 6050 MF
ApeosPro C810
定価5,150,000円(税込5,665,000円)
ApeosPro C750
定価4,700,000円(税込5,170,000円)
ApeosPro C650
定価4,130,000円(税込4,543,000円)
機種特徴 富士フィルムの従来機種の高い印刷品質や耐久性などを継承しながら、新しい機能を搭載して大幅に進化。リモートワークが急激に普及した今の時代に合わせた機能を搭載。Cloud Service Hubとの連携により、クラウド活用をさらに促進。これにより、外出での出力も可能になる。 特色対応していないシリーズ中間モデル。こちらから大容量トナーの利用が可能のため、MICROLINEの高精細印刷と生産力を求めるユーザーに人気がある。 特色・大容量トナー未対応の廉価モデル。印刷画質・用紙対応等は941・931と同様なので基本スペックは非常に高い。
外観 apeos c8180 apeosc320z apeosprintc320dw
機種名 Apeos C8180 / C7580 / C6580 Apeos C320 z ApeosPrint C320 dw
本体価格 定価5,010,000円(税込5,511,000円) オープン価格 オープン価格
機種特徴 富士フィルムの従来機種の高い印刷品質や耐久性などを継承しながら、新しい機能を搭載して大幅に進化。リモートワークが急激に普及した今の時代に合わせた機能を搭載。複数のクラウドストレージサービスに対応。 オフィスだけでなく、店舗裏や病院の受付に置けるサイズ。しかし、多機能プリンターなだけあり充実している。特にカードスキャンが可能な点が、店舗で使う上で便利。 オフィスだけでなく、店舗裏や病院の受付に置けるサイズ。しかし、多機能プリンターなだけあり充実している。特にカードスキャンが可能な点が、店舗で使う上で便利。
お問合せメールフォームはこちら。
プリンター・複合機リース等に関するご相談や見積依頼は無料。他店より1円でも高い場合はご相談下さい!
とにかく問い合わせしてみる