【Interview】代表の宮澤が語る「事務機器ねっと」にかける想い

Q:事務機器ねっとを立ち上げた理由は何ですか?
宮澤社長 代表インタビュー

株式会社庚伸 代表取締役 宮澤 敏

約35年前、私がサラリーマンだった頃の話です。当時、お客様がコピー機を欲しいと思ったときは、販売店が推し出した製品を購入することが一般的で、お客様自身がコピー機を選択することはできませんでした。そのため、会社にとって必要ではない機能を含んだコピー機や、価格が適切ではないコピー機を導入してしまうお客様が多数いらっしゃいました。
そこで私は、販売店が売りたい商品ではなく、お客様に適したコピー機を「プロの目利き」によって紹介することを目的として、このサイトを作りました。

Q:事務機器ねっとの強みを教えてください。
宮澤社長 代表インタビュー

おかげさまで創業33年を突破し、長年の経験と実績による「導入からアフターサービスまで」安心のサポートを提供いたします

事務機器ねっとの強みは、価格満足度と定期サポート、そしてお客様のニーズを把握し情報を提供するということですね。
事務機器ねっとは、安いだけの機種をご案内するのではなく、お客様にとって本当にメリットのある機種を選定してご提案します。これが価格満足度No.1として評価いただいていることに繋がっているのだと思います。また、事務機器ねっとの定期サポートはメーカーのメンテナンスとは異なり、東京都内を区域担当制で定期的に巡回し、トラブルに迅速に対応しています。定期サポートは東京都23区内限定にはなってしまいますが、その名の通り定期的にメンテナンスへ伺うため、お客様から「故障が少なくなった」という好評のお声をいただいております。
「コピー機を導入したから終わり。」という考えではなく、導入後も「こんな使い方もできますよ…」「こういう使い方をしたらもっと費用が安くなりますよ…」といった情報を直接お客様のもとへお届けできるということも、事務機器ねっとの強みと言えるでしょう。
※定期サポート:全国のメーカーメンテナンスはもちろん、東京都内では自社メンテナンスによるサポートを展開しております。自社メンテナンスでは、区域担当制が特徴で、高度なスキルを身に付けた有資格者のメンテナンススタッフがお客様のトラブルニーズに対していつでも迅速に対応できる巡回体制を整えております。

Q:事務機器ねっとを立ち上げた当時、“異端児”と呼ばれていた理由はなぜでしょうか?

当時のコピー機業界は、主要な取引先がキヤノンである場合、キヤノン以外の製品を取り扱うことができず、同様に、富士ゼロックス(現:富士フイルムビジネスイノベーション)が主要な場合、富士ゼロックス以外の製品を扱うことができませんでした。
しかし、事務機器ねっとは、全てのメーカーからコピー機を調達し、全てのメーカーからのサポートも受けることができるという、他社とは異なる点がありました。
当時の業界で、事務機器ねっとのような企業は非常に珍しかったのです。これが異端児と呼ばれた理由ですね。

Q:なぜそのようなことができたのでしょうか?
宮澤社長 代表インタビュー

当社は一部のメーカーや特定の機器にこだわることのないマルチベンダーのため、お客様に本当にメリットある機種選定から、国内最安値の提案をできる事がアドバンテージです

一言で表すと“メーカーからの信用があったから”でしょうね。
前職ではコピー機などOA機器の販売を行っていましたが、そこで私は「任された仕事は必ずやり遂げる」という姿勢を貫きました。先輩社員から「できない」と言われたことも、「できる」と有言実行する。私が購買・仕入れ管理をする立場であったこともあり、このような積み重ねによって会社からも取引先のメーカーからも信用を得ることができました。
もし、業界に全く縁のない人物が「複数のメーカーからサポートを受けたい」と言っても、相手にされなかったと思います。この業界に身を置きながら様々な経験を積んできましたが、振り返ってみると人と人との繋がりである「信用・信頼」が何よりも重要だと感じます。
事務機器ねっとも同様に、お客様との信頼関係を大切にしています。お客様に対して適切な価格で適切な機能を持った商品を販売し、定期的にサポートに伺い、お客様と会話をする… これが事務機器ねっとの信用に繋がっている部分なのではないでしょうか。
お客様との信頼関係を築いてきたからこそ、事務機器ねっとは業界で成長を続けることができたと考えています。

Q:事務機器ねっとの今後の目標は何ですか?
宮澤社長 代表インタビュー

コピー機だけではなく、オフィス全般のご相談に総合力で対応いたします。ご不明点あればどの様なことでも気軽にご相談ください

コピー機というものを多くの人に知ってもらいたいなと思いますね。
コピー機そのものをというよりも、様々な使い方を多くの人に知ってもらいたいのです。コピー機本来の使い方や、こういう便利な機能がある、特殊な機能もある。どれも同じコピー機ではなく、それぞれの色があり顔があります。コピー機の個性を多くの人に知ってもらいたいですね。

あとは、「コピー機といえば事務機器ねっと」となるといいなぁと思います。事務機器ねっとで発信しているお客様の役に立つ情報や、定期サポートという導入後も安心していただける手厚いサービスなどが広がり、コピー機を見るたびに事務機器ねっとを思い出していただけるようになれると良いですね。
今後も、現在と変わらず、ユーザーの目線に立ってお客様に最適なコピー機を選ぶ、「プロの目利き」を大事にしていきたいと思います。

“プロの目利き”で、最適なコピー機選びをご支援。

コピー機リース満足度No.1

  1. 落とし穴

    月額リース2,400円コピー機の落とし穴。安さにはワケ…

  2. エコ・サステナビリティ

    環境保全やSDGsへ私たちが貢献できる「グリーン購入法…

  3. DTP虎の巻

    DTP導入“虎の巻” 気になりませんか?印刷のプロだけ…

  4. プロの「目利き」で、ご利用シーンに最適な複合機をお手…

  1. プレゼント

    お見積りキャンペーンで“もれなく”プレゼント!【数…

  2. フィニッシャー 機能

    コピー機で簡単製本!フィニッシャー徹底解説

  3. BPシリーズ 50周年

    BPシリーズ新発売。シャープ50周年の渾身の力作が登場

  4. コピー機人気ランキング

    【実録】お客様が選ぶ、コピー機人気ランキングBest3…

  1. 用紙 反り返り

    湿気と用紙の仁義なき戦い!用紙の反り返り対策を徹…

  2. 危険

    複合機からの情報漏えいにご注意!今すぐセキュリテ…

  3. 見積書

    見積書の正しい見方と、信頼できる販売店の選び方

  4. お金 印刷

    お金はコピーできないってホント?コピー機の偽札防…

コピー機・プリンターリース価格満足度 第1位事務機器ねっとは「コピー機・プリンターリース価格満足度 第1位」と「コピー機・プリンター販売サイト導入後のサポート満足度 第1位」の二冠を獲得しました。

経済産業省認定
経済産業省認定「スマートSMEサポーター」第37号‐24020002

JIS Q 27001:2006(ISO/27001:2005)
ISO/ISMS(適用範囲:HCグループ)
一般人材派遣業:労働大臣許可 派13-01-0526
人材紹介業:労働大臣許可 13-ュ-010435
宅地建物取引業:東京都知事(2)第98397号
一般建設業:東京都知事許可(般-1)第150856号
高度管理医療機器等販売/貸与業第5502205165号

プリンター・複合機リース等に関するご相談や見積依頼は無料。他店より1円でも高い場合はご相談下さい!
まずは 相談してみる