新生「Apeos」多様性の時代に活躍する最先端複合機をご紹介!

FUJIFILM Apeos C2570

2021年4月より、富士ゼロックスから社名を変更した、富士フイルムビジネスイノベーションジャパン株式会社のショールームに訪問させて頂きました!約半年ほど前に新たな国内営業向け拠点として、豊洲ベイサイドクロスタワーにセンターオフィスと体感型ショールーム「Bridge for Innovation(ブリッジ・フォー・イノベーション)」が開設されています。ご案内してくださったショールームの階には社名変更のお祝いの胡蝶蘭が整列していました。また、フロントにはJ.D.パワー2020年カラー複合機顧客満足度調査の表彰盾も輝いており、壮大なペーパーフラワーのアートにも圧倒されました。

今回の訪問では、社名変更に合わせて2021年4月1日に発売された新ブランド「Apeos」のApeosCシリーズをご紹介して頂きました。

Apeos C2570

やさしくシンプルな操作・シンプルなデザイン

操作パネルはUIデザインが一新され、黒とグレーを基調にしたデザインとなっています。アイコンがより簡略化され、設定項目も余裕持って配置されているため、見やすく分かりやすく、誤操作を防いでくれるのです。富士フイルムビジネスイノベーションでは専属のデザイナーによって、UIや複合機の外観のデザインを担当しているとのこと。シンプルさの中にも品がありますよね。
ホーム画面のカスタマイズも可能で、各機能の操作ステップが統一されているため、新しく操作を覚える必要がなく、覚えやすい仕様になっております。
複合機を利用する際、前回と同じ操作をクイック機能として履歴から呼び戻すことができます。また、よく使うA4モノクロコピーやスキャンなどの操作は「いつものジョブ」としてピン留めで登録可能です。

UIデザインが一新、黒とグレーを基調にしたデザインに。

よく使う操作はピン留めで登録可能です。

 

Apeosは、すばやく使える・やさしい操作性という特長があります。今回はその中から3つご紹介致します。

お知らせライト

一つ目はお知らせライトです。このライト、以前は青色でしたが、今回のシリーズは緑のライトでオフィス空間にも合わせやすく、優しい光を点灯してくれます。このライトの点滅や点灯により、セットした原稿や排出された用紙の取り忘れを防ぐことが可能です。

トレイの開閉

二つ目はトレイとスキャン台の開閉です。現在皆さんが使用されている複合機の多くは、給紙トレイを閉める・スキャン台を閉める際に「ガシャン」という音が鳴りませんか?Apeosシリーズは用紙トレイ引き込み機構により、奥まで押し込まなくても、吸い込まれていくかのように静かに閉まります。紙を入れるためトレイを引き出す際も、軽い力で引き出すことが可能です。この優しい操作は、ネイルをしている女性の方からも大変好評だそうです。

清潔で快適に

三つ目は、抗菌への配慮です。操作パネルには抗菌加工が施されており、電源ボタン・ホームボタンに抗菌樹脂を採用しております。複数の人が利用する複合機にもこうした感染症予防対策を施すことで、誰もが安心して快適に操作ができます。

ちなみに筆者が実際に操作してみた感想としては、アイコンがわかりやすく操作しやすいということはもちろん、アイコンをタッチした時に鳴る音が印象的でした。優しく丸みのある音で、機械らしくない温かみがあり、耳心地が良いと感じました。

スピーディーなスキャン

ApeosC2570は1分間に片面80枚、1パス両面読み取り時は160枚の高速スキャンが可能です。実演して頂きましたが、とても早くスキャンが終わり、一枚一枚スキャン台に紙を載せずにスキャンでき、効率良く業務に取り組めます。

A4やB5といった日常的に使用するサイズの用紙だけではなく、領収書や伝票などの小さい原稿もまとめてスキャンが可能です。ApeosPortの25枚機はこのような小さいサイズの連続スキャン機能はありませんでしたが、このApeos Cシリーズからは搭載!この様に名刺や領収書などの小さいサイズの用紙も高速スキャンが可能になったため、重送検知も搭載しております。なかなか起こりにくい重送ですが、一枚の用紙に複数の領収書を貼り付けているような、かさばる紙をスキャンしようとした場合に、機械が検知して停止します。その際、『重送ですか?』『貼り付けですか?』と複合機が聞いてくれるため、紙の重送を防いでくれます。ちなみに貼り付けを選択した場合は、そのままスキャンが実行されます。また、高速スキャン機能の紙詰まりにも最適な改良がありました。旧シリーズのApeosPortはスキャン機構の開閉箇所が少なく、紙詰まりの際に紙を取り出しづらいということがありました。Apeos Cシリーズのそれは開閉箇所が多くなり、紙を取り出しやすい設計になっております。

スキャン後の文書管理と共有

業務別らくらくスキャンProで フォルダを選択できます。

スキャン原稿を取り込んだ際に、スキャンした素材がPCの特定のフォルダにしか入らない、名前が数字だけになってしまうことありませんか?スキャン後にPCから保存先のファイルにデータを移動させて、名前を変更して…という工程が、オプションの「業務別らくらくスキャンPro」を使用すれば解消できます。これを使用すると、あらかじめ設定したボタンを押すだけで、業務や文書を種類別に自動格納し、お客様名などのフォルダを自動生成してファイルを格納することも可能です。部署ごとに仕分けることができ、複数ある業務内容のフォルダ先も分けることができます。例えば、サーバーに営業部署というフォルダがあり、その中の見積書というフォルダにまで自動で格納することが可能です。実機トライアルさせて頂いた複合機は営業部・製造部などありましたが、もちろんお客様に合った組織の種類や部署に変更ができますし、アイコンの設定も変更が可能です。お客様ご自身でも設定変更が可能ですので、例えば組織替えの際にもスムーズに対応いただけます。

テレワークに最適、ペーパーレスファクス

タッチひとつでペーパーレスファクスに切り替えられます。

普通ファクスと聞けば紙を思い浮かべると思いますが、今回ご紹介させて頂くのはペーパーレスファクスです。Apeosの機能にあるペーパーレスファクスボタンで簡単に活用が可能です。ファクス受信文書を親展ボックスに蓄積し、パソコンに転送したり、メール送信したりするペーパーレス受信もできます。PCのファクス受信ボックスに蓄積させることにより、受信した文書をすぐに出力せず、必要なものだけプリントできるため、無駄な出力を抑え環境に配慮したファクスが行えます。
また、テレワークにも便利なDocuWorksというソフトウェアや、Working Folderというクラウドサービスを利用すると、PCでファクスの送受信状況が確認できます。不動産の会社の一例を挙げると、ファクスの受信文書の確認のために会社に戻る…というケースがよくあります。出先にいるのにわざわざファクスのために帰社しなければいけないなんて煩わしいですよね。このクラウドサービスは、登録しているメールアドレス先にファクス受信の通知メールが入るため、出先やテレワークでもスムーズに確認が可能なのです。

モバイル連携で外出時や非接触ニーズにも対応

NFCタッチエリアへNFC搭載スマートフォンをかざします。

こちらもテレワークや外出先で活躍する機能です。Print Utilityというアプリケーションを使った場合、スマートフォンでも複合機の操作パネルと同じ様にカラーや枚数、用紙サイズまで選ぶことが可能です。印刷設定が完了したら、スマートフォンの画面内の印刷スタートボタンを押してプリントが完了します。この機能を活用すれば、外出時で出力したい資料や写真を簡単に遠隔操作で出力することが可能です。また、複合機の操作画面の横に搭載されている、NFCタッチエリアへNFC搭載スマートフォンをかざせば、より簡単かつスムーズに操作ができます。オフィスワークに欠かせない複合機ですが、毎日不特定多数の人が画面などを触って操作しています。近年新型コロナウイルスの蔓延により感染対策が重視されるようになりました。共有されている複合機の画面は触りたくないという方も多いため、個人や社用のスマートフォンを使用する方も多いそうです。モバイル連携の複合機操作は非接触ニーズにも応えてくれます。

 

富士フイルムビジネスイノベーションジャパンのショールームレポート、いかがでしたでしょうか?視覚で感じた印象的なポイントは、ショールームに入室した際の美しい作りやデザインです。大きなオブジェには目を奪われました。また、富士フイルム製品のプロジェクターで映し出されている動画もサイズが大きく、インパクトがありました。
ご紹介して頂きました製品のApeos C2570は、新しい生活様式に合った製品です。この様な最新の製品に触れ、技術の進化を常に体験し、皆様に情報を発信していきたいと思います!富士フイルムビジネスイノベーションジャパンのショールームレポート第二弾では、ApeosCシリーズのオプションが搭載したApeos C7070と、プロダクションプリンターApeosPro C810をご紹介致します。楽しみにお待ちください!

富士フイルム複合機 商品一覧はこちら

富士ゼロックス 富士フィルムビジネスイノベーションApeosPortⅦ-C2273 シャープMX-2661 IR-ADVANCE-C3520F-II

関連記事

  1. C165

    企業内印刷を促進!事務もデザインも、多様なビジネスニーズに対応するプロダクションプリンターをご紹介

  2. ショールーム 入口

    Canonショールームに訪問!充実した複合機のご紹介

  3. SHARP

    SHARP複合機”MX-2661”シリーズのシンプルモードを徹底解説!

  4. MICROLINE VINCIでできる豊富なプロダクト

  5. image PRESS C10010VP

    圧倒的高スペック・専門性のPOD!内製化でコスト軽減に?

  6. OKIショールームで聞いた『MICROLINE VINCI』

お問い合わせフリーコール

  1. M1Mac

    M1Mac&macOS BigSur 複合機メーカー6社のプリンタードライバー対…

    2021.06.10

  2. チラシ作成の基礎講座|あなたもデザイナーになれる5つのポイント

    2021.10.15

  3. ファクシミリ

    FAXの手間を大改革! 複合機を専有せずに大量送信する賢い方法

    2021.04.23

  4. jameswatt

    最古のコピー機はいつ、誰が、どうやって?コピー機の歴史ざくっり…

    2021.01.20

  5. Windows_11

    Windows11 複合機メーカー6社のプリンタードライバー対応状況

    2021.10.12

  1. 裏技

    複合機のちょっとした裏ワザ!知ってて損はありません。

    2021.02.03

  2. postscript

    PDFとの関わりが密!PostScriptの歴史

    2021.04.06

  3. コピー機のクリーニング

    コピーしたら横線の汚れが入っていた時の、一瞬で解決する方法

    2018.06.26

  4. 複合機・プリンター選びのコンシェルジュ、事務機器ねっとのトリセツ

    2021.04.16

  5. 社名の由来

    そういう意味があったなんて!驚きの複合機メーカー各社の社名の由…

    2020.12.01

プリンター・複合機リース等に関するご相談や見積依頼は無料。他店より1円でも高い場合はご相談下さい!
とにかく問い合わせしてみる