トナーも超絶進化していた!最新事情を徹底調査

トナー

複合機の操作あるあるとして「自分が印刷しようとしたタイミングでトナー交換になってしまう。」「急いで印刷したい時に限ってトナー交換…」ということよくありますよね。そのインクが残っていて手にインクがついてしまったり、トナーの設置方法がわからなかったりと苦戦する印象があるトナー交換。しかし、実際にトナーを交換してみると、意外とすんなりと交換できるのです。今回は最新のトナー事情についてご紹介致します。

Canonの最新トナー

IAPトナーボトル

iapトナーキヤノンは「IAPトナーボトル」を採用しています。供給口が小さいため、従来の製品より手を汚さずにトナー交換が行えます。
供給口付近のボトル容積を変化させ、そこに生じる空気の力を活かすエアーアシスト方式により、小さな供給口でありながら安定してトナー供給が実現できます。そして、保護キャップを無くすことで、交換時の工程を減らすことが可能です。これによって、操作効率が上がり、廃棄物削減にも貢献しているという成果に繋がっております。

低融点トナー

溶けやすいトナー材料を開発し、従来の高精細画質を維持しながらトナーの密着温度を大幅に下げられる「低融点トナー」を採用しています。定着に必要な電力を削減し、低消費電力に貢献しています。

ちなみにこちらのIAPトナーボトル搭載機種はiR-ADV C5800シリーズ/C3800シリーズ/C357F/6800シリーズ/4700シリーズになります。2021年に発売されたばかりの新機種、imageRUNNERシリーズにはトナーホッパーが廃止されました。トナーホッパーが、廃止されると、コンティニアス非対応になります。コンティアス非対応とは、機械が動いている最中でもトナーの交換ができないということになります。ちょっと不便と感じる方もいらっしゃるかと思いますが、トナーが残ったまま交換してしまうということを防ぐことができます。これにより、完全にトナーを使い切ることが可能なので、環境に優しい印刷ができます。事務機器ねっとにも、こちらのトナーボトルを搭載した機種や、コンティニアス非対応の最新機種を取り扱っておりますので、ぜひご覧ください!

SHARPの最新トナー

MycrosトナーCAP

Mycrosトナー

MycrosトナーCAP®が可能とする高度な環境性能(MX-M564FN/MX-M464FN

MycrosトナーCAPは、小粒径/高顔料分散の特徴を持つMycrosトナーを進化させたトナーであり、独自の分解構造を取ることによって、低温定着性と保存安定性を両立することが可能になりました。定着温度を下げるには、トナーが溶ける温度を下げる必要があります。本来この溶ける温度を下げるとトナーの状態が不安定になるため、両立することが難しいそうです。しかし、このMycrosトナーは低温定着性を実現しています。そして、定着温度を下げることで、大きな消費電力削減が可能なのです。

交換が明確にわかるトナーカートリッジ

シャープのトナーはトナーボトルではなく、トナーカートリッジと呼ばれております。トナーを最後まで使い切るとと、トナーカートリッジが自動的に押し出される仕様になっております。使用済みのトナーを交換するタイミングが明確にわかり、トナー交換をしたことがない初めて交換する方でも簡単に交換ができます。実際にトナーが押し出されている動画がこちらの記事にございます。

FUJI FILMの最新トナー

EA-Ecoトナー

EA-EcoEA-Ecoトナーは従来よりも定着温度20℃以上低い低温定着トナーです。こちらのトナーはDocuPrint C3450 d /C3350/C2450に採用されております。こちらの機種は環境に配慮した低温定着トナーを使う事を前提とした「低温定着トナー専用機」のため、定着器の温度を従来の製品よりも低く設計しているのです。

環境に優しい無償で行うトナー回収

富士フイルムビジネスイノベーション製カートリッジ(トナー/ドラム/トナー回収ボトル)の無償回収がお申し込み可能です。
回収時は資源エネルギー消費削減のため、まとまった本数での回収をしているそうです。
富士フイルムでは地球環境保全活動の一環として資源を有効に利用するため、商品の総合的なリサイクルシステムの構築に取り組んでいます。このようにして、お客様からご使用済みのトナーカートリッジを回収し、再生利用の対象として環境負荷の軽減を目指しているとのことです。

各社のトナー事情いかがでしたでしょうか? 各社のトナーカートリッジも、環境に配慮されていたり、トナーの交換を教えてくれたりと特徴がありました。トナーは地味ながらも実は日々進化しており、環境に優しいトナーが製造されています。トナーの回収も環境に配慮されているため、使用したトナーはドナドナ…じゃなくてメーカー各社に回収していただきましょう。
そして、シャープのMycrosトナーCAPや富士フイルムのEA-Ecoトナーなど、どのメーカーも低温定着トナーを開発しています。トナーの定着方法に関しての詳細の記事はこちらです。ご興味ございましたら、ご覧ください。

トナーの交換が面倒臭いと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、現在の複合機は複合機を開ける手順やトナー交換の手順まで、複合機自体に書かれています。手順も迷うことも少なく簡単に出来るため、もしトナー交換になった場合率先して変えてみてはいかがでしょうか。トナー交換の簡単さに驚くかもしれません。

富士ゼロックス 富士フィルムビジネスイノベーションApeosPortⅦ-C2273 シャープMX-2661 IR-ADVANCE-C3520F-II

関連記事

  1. variable

    販促に最適なバリアブル印刷。スペシャルな印刷物が身近にあるんです!

  2. コピー機の搬入から設置までの流れを解説。“納品はリアルタイムで進行中!”

  3. postscript

    PDFとの関わりが密!PostScriptの歴史

  4. 校閲のプロに学ぶ、見落としがちな資料の誤植を防止する方法

  5. スモールオフィス

    スモールオフィス・店舗・個人事業主向けに最適な複合機6選

  6. 検定

    目指せ!複合機博士。“事務機器ねっと検定”に挑戦

お問い合わせフリーコール

  1. あつまれどうぶつの森

    大ヒットゲーム”あつ森”に富士ゼロックスの複合機登場!?

    2020.11.04

  2. 情報

    公正な視点で、正確な情報を

    2020.10.07

  3. 複合機マジック!?模様が消えて文字が浮かび上がる地紋コピーの種あ…

    2021.05.19

  4. postscript

    PDFとの関わりが密!PostScriptの歴史

    2021.04.06

  5. 校閲のプロに学ぶ、見落としがちな資料の誤植を防止する方法

    2021.06.11

  1. documentcloud

    各メーカーの最新機能、ドキュメントクラウドを比較紹介!

    2021.02.08

  2. お金

    複合機の値段の相場とは?リース価格について徹底解説!

    2020.12.08

  3. 複合機 掃除

    複合機のお手入れしていますか? 定期的なクリーニング方法をご紹介

    2021.02.23

  4. レーザープリンター

    テレワークに最適なオススメ小型レーザープリンター特集

    2021.02.19

  5. 校閲のプロに学ぶ、見落としがちな資料の誤植を防止する方法

    2021.06.11

プリンター・複合機リース等に関するご相談や見積依頼は無料。他店より1円でも高い場合はご相談下さい!
とにかく問い合わせしてみる