複合機の寿命って何年? 替え時の適切なタイミングとは

毎日業務で利用している複合機、あなたの会社では何年使用していますか? 複合機の使用年数なんて数えたことない…そんな方が多いかとは思いますが、気付けばもう5年近く経っているようであれば、こちらの記事は必読です。
複合機は精密機器ですので、永久に使用し続けることはできません。複合機は長期間使用し続けると、経年劣化のため部品の摩耗などによる故障が発生したり、不具合が多くなります。「リースが満期になるから替えなければ…」「使用年数がかなり経っているから替えた方が良いのか?」など、このようなことは複合機の管理者様しか分かりません。そこで今回は、複合機の使用年数(寿命)についてご紹介したいと思います。

<目次>
複合機の寿命は何年?
入れ替え時期、いつ検討したらいい?
リースが満了した時
耐久年数を超えた時
頻繁に故障してしまう時
新機種が登場したと時

複合機の寿命は何年?

複合機の寿命は、一般的に法定耐用年数で5年前後と言われています。法定耐用年数とは、税法上で決められている機器などの寿命を指す言葉です。
「会社の複合機、結構前からあるなぁ」と思っていても、何十年も同じものを使用しているわけではない、ということですね。時間の経過と使用年数により部品が劣化し、使用できなくなる可能性があります。
以前ご紹介した複合機の紙詰まりの原理と解消方法を解説した記事では、消耗品のローラーの劣化で紙詰まりが発生することを紹介しています。少しでも長く複合機を使用し続けるためにも定期的なメンテナンスが必要です。

▼ローラーに影響されて紙詰まりが発生してしまう原因はこちらの記事で解説中▼

入れ替え時期、いつ検討したらいい?

複合機を替えるタイミング、分からない方、逃したくない方はこちらを参考にしてください!

リースが満了した時

リース契約をしている場合

会社で使われている複合機の多くは、リース契約を結んで導入されているケースが多いかと思います。リース契約(ファイナンスリース)とは、ユーザー(企業)が選択した機械設備などをリース会社が購入し、そのユーザーに対してリース会社が「賃貸」する取引のことです。リースは割賦と仕組みが違い、契約が満了したら複合機をリース会社に返却しなければなりません。なぜなら、リース契約ではリース会社がお客様に代わって商品を購入しているからです。返却すると複合機が使用できなくなるため、業務に支障が出てしまいます。
リース契約

複合機のリース契約期間満了日までに、最新機種に替えてリース契約を済ませておくことが重要です。このようにリース契約を繋いでいく方法が、複合機を替える一番のベストタイミングですね。

耐久年数を超えた時

複合機を購入している場合

前述したように殆どの複合機は耐久年数が約5年とされていて、法定耐用年数により決められています。複合機は長期間も使用し続けていると、上手く給紙できなくなり、手差し部分で一気に2〜3枚送られてしまいます。これはローラー部分に溜まる埃が原因で、放置しておくとローラーのゴム部分が余計摩耗して不具合が起きてしまうのです。このように複合機の稼働や部品に限界がきてしまい、印刷がスムーズにできなくなります。リース契約をして複合機を利用している方はリース満了時に新しい複合機に替えるタイミングが来るため、耐久年数を超えて使用することはありません。
経年劣化

しかし複合機を購入している方は、きっかけがないと耐久年数に気付かず長期間使用しがちなので注意が必要です。複合機の補修用性能部品(※)のメーカー保有期間は、その機種の製造打切り後7年間と決まっております。そのため、メーカー保有期間を超えてしまったタイミングで故障すると、代替部品が無いため修理が不可能になってしまいます。メーカー保有期間を超えてしまうほど複合機を長期間使用している場合は早めに買い替えを検討された方が良いでしょう。
※製品の機能を維持するために必要な部品

頻繁に故障してしまう時

複合機をリースしている方、購入している方、両方の場合

業務によって、複合機を使用する頻度は変わりますよね。事務機器ねっとでは、お客様へ複合機をご提案する際のポイントとして、月間印刷枚数をひとつの目安にしています。月500枚〜月1,000枚の方と、月7,000枚以上使用する方とでは、お客様にご案内する複合機の機種が異なります。契約時に毎月どのくらいの印刷をするのか、きちんと調査してから契約を結ばないと、耐久年数を迎える前に故障してしまうこともあるのです。このように使用頻度に適していない複合機を購入してしまうと故障を繰り返してしまい、メンテナンス費用が嵩んでしまいます。
故障

これは、リース契約を結んでいる方も、購入している方も当てはまるため、使用状況に適した複合機を選ぶようにしましょう。複合機が頻繁に故障する場合は、替えるタイミングということになるのです。

新機種が登場した時

複合機をリースしている方、購入している方両方の場合

富士フイルム、キヤノンやシャープなど、複合機メーカーは新しい機種を続々発売しています。リース会社によっては、リース契約時点での最新機種を提示してくれる場合もあります。最新の複合機は省エネに気を遣った複合機や、ペーパーレスに積極的な複合機も揃っております。長らくリース契約で使用している場合、新しい機種が出るとやはり目移りしてしまいますよね。そのくらい魅力のある複合機が登場しており、業務に合った機能が搭載された複合機を導入できるので、業務の生産性も高くなります。
新品

複合機を替えるタイミングはご理解いただけたでしょうか? 会社の都合によって様々ですが、やはりリース満了と同時に耐久年数が経った複合機は返却してしまい、新しい複合機のリース契約を結ぶ企業が多い傾向です。しかし、「リースが残っているから」「不具合がないから大丈夫」と複合機を替えるタイミングを先延ばしにするのではなく、お客様の業務を効率化できる製品が登場」した際には、そのようなしがらみを一旦置いておいて、新しい複合機の導入を前向きに検討されてみてはいかがでしょうか? その際は、ぜひ事務機器ねっとへご相談ください!

お問い合わせ・見積依頼

富士ゼロックス 富士フィルムビジネスイノベーションApeosPortⅦ-C2273 シャープMX-2661 IR-ADVANCE-C3520F-II

関連記事

  1. ip

    コピー機のIPアドレス設定•確認方法を解説

  2. コロナ禍でも安心。SIAA認証の抗菌コピー機をご紹介

  3. 【解説】改正 電子帳簿保存法。コピー機で文書管理対策が完結

  4. 社名の由来

    そういう意味があったなんて!驚きの複合機メーカー各社の社名の由来とは

  5. postscript

    PDFとの関わりが密!PostScriptの歴史

  6. 人畜無害の光触媒スプレーで、複合機をまるごと除菌!

    コピー機/複合機/プリンターのリース購入

    【クイックお問い合わせ】


    1. 複合機の寿命って何年? 替え時の適切なタイミングとは

      2021.11.26

    2. ファクシミリ

      FAXの手間を大改革! 複合機を専有せずに大量送信する賢い方法

      2021.04.23

    3. MICROLINE VINCIでできる豊富なプロダクト

      2020.07.30

    4. OKIショールームで聞いた『MICROLINE VINCI』

      2020.07.30

    1. 複合機構造

      複合機の中ってどうなっているの?構造・仕組みをわかりやすく解説!

      2020.12.23

    2. 社名の由来

      そういう意味があったなんて!驚きの複合機メーカー各社の社名の由…

      2020.12.01

    3. 校閲のプロに学ぶ、見落としがちな資料の誤植を防止する方法

      2021.06.11

    4. お金 印刷

      お金はコピーできないってホント?コピー機の偽札防止対策とは!

      2021.01.12

      【クイックお問い合わせ】







      プリンター・複合機リース等に関するご相談や見積依頼は無料。他店より1円でも高い場合はご相談下さい!
      とにかく問い合わせしてみる