最古のコピー機はいつ、誰が、どうやって?コピー機の歴史ざくっり解剖!

jameswatt

初めて作られた事務機器は、ジェームズ・ワットによって1779年に発明された複写機です。ワットは、インクが裏まで染み込みやすいとても薄い紙を使用し、その紙に別の紙を重ねて圧力を加えることで、紙から別の紙に内容を転写する方法を発明しました。ワットの複写機は完成し、20世紀まで多くの人に利用されていました。20世紀まで利用されていたということは200年もの間初期に考案された手法を使い続けていた訳で、ワットの発明の素晴らしさにとても驚きです!
20世紀まで利用されていたということは200年もの間初期に考案された手法を使い続けていた訳で、ワットの発明の素晴らしさにとても驚きです!
ちなみに印刷機の発想を人類で一番最初に持っていた人物は、天才レオナルド・ダ・ヴィンチです…!ダ・ヴィンチが生きていた1452年〜1519年といえば、日本は室町・戦国時代。火縄銃に驚いていた頃です。
現在使われている複写機の種類には、大きく分けてジアゾ複写機(ジアゾ式複写機)とPPC複写機(plain paper copier、普通紙複写機)があります。現在ではほとんどがPPC複写機ですが、ジアゾ複写機も設計図面用(特にA2判以上の大判用紙)にも根強い需要があります。

ジアゾ複写機

ドイツで開発され、1951年にコピア(1979年にキヤノンが資本参加しました。)が、世界初の小型事務用湿式ジアゾ複写機「M型」の販売を開始しました。
湿式、乾式、熱式の3種類があり、どの複写工程も、原稿と複写紙(感光紙)を密着させ、複写機内を通過させながら紫外線を照射します。この感光過程で、原稿の地肌部分に当たる複写紙上のジアゾ化合物を分解させる事により潜像を形成させます。現像後の複写紙の発色には青色、黒色等があるが、青色が主流だったため、青焼きと呼ばれていました。そのため、ジアゾ複写機は青焼き複写機、青焼き機と呼ばれることがあります。

PPC複写機
PPC複写機(普通紙複写機)

1938年にアメリカのチェスター・F・カールソンによって、後にゼログラフィと呼ばれる基本技術が発明されました。その特許を米ハロイド社(現在のXerox)が買い取り製品の開発を進め、1959年に世界初の事務用PPC複写機が開発さレました。その後、リコー、キヤノンなどからも製品が開発され、現在に至ります。ジアゾ複写機のことを青焼き複写機と呼ぶのに対して、PPC複写機のことを白焼き複写機、白焼き機と呼ぶことがあります。PPC複写機の一種であるカラーコピー機は、1970年にアメリカのスリーエム社が初めて発売。1972年には日立製作所が国産初の製品を発売しました。

ジアゾ複写機はジアゾ化合物の光分解を利用して複写する装置で、一般的な複写用としては1950年代後半から1960年代まで用いられました。冒頭のワットの発明から本当に200年の時を経ても使い続けていたことに感服です。
1960年代後半から1970年代前半にかけては専用の感光紙を用いる電子写真(直接)方式による複写機が用いられ、1970年代後半からは普通紙にコピーする電子写真(間接)方式が用いられるようになりました。ようやく私たちがよく知る複合機の片鱗が見えてきました。電子写真方式は、光が当たると電気が発生する光導電現象と静電気による帯電現象を利用したもので、感光紙上に直接画像をつくる直接法と、普通紙に画像をつくる間接法があります。

仕組みに関して詳しくはこちら

複合機電子写真方式は一般に良質のコピーが得られ、事務機器複合機として用いられています。さらに、感光体とトナーが一体化されたカートリッジを交換することにより保守が容易になり、家庭でも使用されるようになりました。また2000年代に入って以降、複合機、インクジェットプリンター、イメージスキャナー、などの機能が一つにまとめられたデジタル複合機(MFP=multi-function Printer)が登場し、広く使われるようになりました。情報社会が加速しインターネットが当たり前の世界でも、セキュリティの安全さやクラウド機能を搭載した複合機はこれからも使い続けられるでしょう!

富士ゼロックス 富士フィルムビジネスイノベーションApeosPortⅦ-C2273 シャープMX-2661 IR-ADVANCE-C3520F-II

関連記事

  1. 複合機の寿命って何年? 替え時の適切なタイミングとは

  2. モノカラー

    カウンター料金節約術!カラーでもモノクロでもないモノカラーとは?

  3. 【新卒の新入社員“必読”】 先輩には何度も聞き難い複合機操作の“基本の基”

  4. documentcloud

    各メーカーの最新機能、ドキュメントクラウドを比較紹介!

  5. Web 体裁

    ホームページを印刷したらレイアウトが崩れるのは何故? ブラウザ別解決方法を解説

  6. ショートカット

    生産性爆上げ!ショートカットキーで業務効率UP

    コピー機/複合機/プリンターのリース購入

    【クイックお問い合わせ】


    1. モノカラー

      カウンター料金節約術!カラーでもモノクロでもないモノカラーとは?

      2021.10.07

    2. 悩む人

      複合機選びは販売店選びから。ヤンチャな営業と出逢ってしまった末路

      2021.07.09

    3. 複合機マジック!?模様が消えて文字が浮かび上がる地紋コピーの種あ…

      2021.05.19

    4. jameswatt

      最古のコピー機はいつ、誰が、どうやって?コピー機の歴史ざくっり…

      2021.01.20

    5. 複合機・プリンター選びのコンシェルジュ、事務機器ねっとのトリセツ

      2021.04.16

    1. 複合機 掃除

      複合機のお手入れしていますか? 定期的なクリーニング方法をご紹介

      2021.02.23

    2. Windows_11

      Windows11 複合機メーカー6社のプリンタードライバー対応状況

      2021.10.12

    3. 校閲のプロに学ぶ、見落としがちな資料の誤植を防止する方法

      2021.06.11

    4. M1Mac

      M1Mac&macOS BigSur 複合機メーカー6社のプリンタードライバー対…

      2021.06.10

    5. コンビニ マルチコピー機

      コンビニのマルチコピー機の実力とは…想像を超える機能が充実…

      2020.12.17

      【クイックお問い合わせ】







      プリンター・複合機リース等に関するご相談や見積依頼は無料。他店より1円でも高い場合はご相談下さい!
      とにかく問い合わせしてみる