このように鮮明な色も表現することができ、会社案内や飲食店などのメニューなどのカラフルでバリエーションがあるデザインにも高いクオリティで対応できます。プロダクションプリンターで印刷したものは一般消費者や社外のお方の手元に届いても遜色ない出来のため、印刷物自体を商品として提供している利用者の方もおります。オフィス複合機と比べてプロダクションプリンターは生産財としての側面が強いのです。Canonショールームで実際に様々な種類のプロダクションプリンターを取材してきました。実際に訪問した内容を是非ご参考下さい。

『 事務機器ねっとBlog 』
多様なビジネスニーズに対応する
プロダクションプリンター
コンパクトでありながら
驚きの大容量、標準3550枚!

ビジネスには欠かせないA4。しかもペーパーデッキを増設するスペースはなかなか…そんなご要望に見事対応しております。1100枚×2段、550枚×2段の給紙でボリュームある印刷にも安心。もちろんセットから封筒印刷もサクサクできますコンパクトなシンプル設計だから誰でも簡単にオペレーションが可能です。

機構の中は、よりまっすぐに印刷されるように作られています。紙詰まりは起こりにくいようにされており、もし紙が詰まってしまったら、液晶の画面上にエラー部分を表示してくれます。
お電話でのご相談・お問合せも受け付けております。
お気軽にご連絡下さい。
お問合せメールフォームはこちら。
プリンター・複合機リース等に関するご相談や見積依頼は無料。他店より1円でも高い場合はご相談下さい!
とにかく問い合わせしてみる
事務機器ねっと15周年企画 複合機購入でiPadプレゼントキャンペーン実施中!
iPadプレゼント